美容・健康

簡単に実践できる朝起きる方法

投稿日:2016年4月12日 更新日:


こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

スポンサーリンク

春眠暁を覚えず

今の時期になると良く耳にする漢詩の一節ですね。
春先は寒暖の差が激しいために自律神経が乱れたり、体内のビタミンが少なくなるなどでなかなか布団の中から出ることが億劫なものです。

そもそも季節に関係なく朝が苦手というかたも少なくないでしょう。
みなさんも色々朝起きるために手を尽くしていることと思います。

おっさんは幸運にも寝起きが良いほうではありますが、やはりこの時期は眠いですし、夜更かしなんかしてしまった翌日は起きるのが辛くて会社に行くのが面倒でたまらないですね。

朝起きる方法

今回はおっさんが朝眠くてたまらない時にやっていることを紹介します。

「だー!」「くそがっ!」などと気合いの声をあげて、布団を蹴飛ばす。

えー、なんじゃそりゃ。などと言ってはいけない。気合いの内容はまぁアレですが…。
気合いの声をあげると思った以上に身体が動くようになるものです。
そして、我々を心地好い眠りに誘う元凶たる布団を蹴飛ばして跳ね起きるわけです。

布団を蹴飛ばすのはオマケみたいなものです。
強いて言えば、布団を蹴飛ばすことで自分自身にもう起きるんだと覚悟を見せつけるためです。
まぁ蹴飛ばした布団をもとに戻すのは億劫なので、そのまま起きてしまいましょう。

声と脳

声を出して気合いを入れるというのは、意識してもしていなくても日常的に行われていることです。
剣道とかは顕著ですね。
竹刀を構えて対峙している場面でも、「イヤー!」とかなんとか気合いをいれてますよね。
日常生活でも重い荷物を持つときに、「ふんっ」と言ったり、「えいっ」と言ってみたりと掛け声を出しますよね。
試してみればわかりますが声を出すのと出さないのとでは、出せる力に違いがあるものです。

この声を出すという行為は脳に刺激を与えて、荷物を持つ等の目的に関連する身体の器官に動くように指令を出すことに繋がります。
要するに声を出すことで身体を覚醒させるわけですね。
朝起きる時に出す気合いの声も同じことです。
ここでは文字通り身体に睡眠状態からの「覚醒」を指令するわけですね。
ついでに自分で出した声が、朝の静寂を打ち破ってくれるので、さらに目覚めに良い影響を与えてくれます。

まとめ

気合いの声を出せと言っていますが、その声自体は某ジャイアンのように「ほげー!」とか「ファスロダ」とか世界に響き渡るような声を出す必要は全くありません。
ちょっと自分に気合いの入る程度でOKです。

嘘だと思うかもしれませんが、おっさんには結構効果がある行為です。騙されたと思って明日の朝からでも試してみてください、朝起きるのが楽になるかもしれませんよ。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

-美容・健康

執筆者:


コメントを残す

関連記事

inmou_man画像

陰毛処理は男もやっとけ。処理するメリットデメリット

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。 男の陰毛処理とか 陰毛、アンダーヘアー、ちん毛にギャランドゥ?などなどと呼ばれる例の毛処理。 シモの話はなかなか開けっぴろげに出来ない世の …

rouka画像

体力低下に肌の衰え、老化を感じる瞬間 心身の変化6選

老化は避けては通れぬ人の道 うん十年生きてきたせいか最近、つくづく年を取ったなぁと感じることが多くなりました。 今まで出来ていたことが出来なくなったり、精神的な部分で若い頃と今とでは違っていたり。 と …

気分が乗らない、テンションが低い時の対処法

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

うがいで喉の痛み予防

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

急な腹痛の対処法 トイレやクスリがそばにないとき

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

カテゴリー

広告



follow us in feedly