政治・経済・外交

今上陛下、天皇の御位を生前退位するご意向

投稿日:2016年7月13日 更新日:


こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

スポンサーリンク

今上陛下、天皇の御位を皇太子殿下にお譲りになる意向を示される

今上陛下が宮内庁関係者に生前のうちに天皇の御位を皇太子殿下にお譲りになる「生前退位」のご意向をお示しになられているそうです。

今上陛下は御年82歳、1989年に天皇に即位されていらっしゃいますので今年で在位27年目。
ご高齢でいらっしゃいますし、大病や手術をいくつかご経験されていらっしゃるので「生前退位」のご意向をお示しになられるのは当然の成り行きのように思えます。

ご病歴

1995年に大腸のポリープ摘出。
2003年に前立腺癌の全摘出手術。
2011年にマイコプラズマ肺炎に罹りご入院。
2012年に狭心症の症状が発覚し冠動脈のバイパス手術。

ちなみに在位20周年の2009年にご公務の軽減が発表されています。
この年に軽減が発表されたのは今上陛下のご希望であったそうです。

今上陛下の生前退位について考える

慣れない敬語は間違いだらけだと思います。
今上陛下への敬意の念はあるのですが、礼儀作法に疎い人間と思って大目に見てください。

さて、ここからは私の率直な感想をつらつらと書き並べます。

生前退位について

天皇の生前退位はなんでも江戸時代の光格天皇を最後に200年近くにわたって行われていないそうです。
だからといって生前に退位してはいけないという法はないそうで、皇室のルールが書かれている「皇室典範」にも退位のタイミングについての記述はないそうです。

数年置きに大病を患っておられたりもしますし、御歳も82歳とご高齢ですから御位をお譲りになって静かに暮らしたいとお考えになっても全然問題ないと思いますね。
というか、人生が公務と切っても切り離せないような多忙でストレスの多いお暮しでしょうから少しくらいお休みをとっていただきたいなぁと思います。

皇位継承について

今上陛下には皇太子殿下がいらっしゃるので皇位継承には何ら問題はない認識です。
しかし問題は皇太子殿下には男子のお子様がいらっしゃらないのが問題です。

直系の男子には秋篠宮家の悠仁様がいらっしゃいますから、まあなんとかなるんでないの?と思うわけですが世間では皇太子殿下のご息女愛子様を女帝にとかいう話もあるわけで、今上陛下にはいらぬストレスになっているようです。

ご皇室とはいえ、人様の家のことなんだから外野がとやかく言うもんじゃありません!
といいたいところではありますが、やはり男子による系譜が続くことを願いますね。

第2次大戦の敗戦で削減されてしまった宮家を復活させるのが皇位継承問題のもっとも簡単な解決策であると思います。
もちろん宮家廃止からウン十年と経過しているので、復活させる宮家の身辺調査は十分に行って資格のある家のみを復活させるべきと思います。

まとめ

今上陛下の生前退位にかこつけてその周辺問題の話もしてしまいましたが、今上陛下には多忙な毎日を終えられてゆっくりと老後をお楽しみいただきたいですね。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

-政治・経済・外交
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

北海道補欠選挙を見る 選挙の結果

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

no image

東シナ海上空での中国軍機の攻撃動作と自衛隊機回避運動の意味を考察する

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 宮城県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 秋田県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 群馬県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

カテゴリー

広告



follow us in feedly