SKYRIM MOD

スカイリムmodおすすめ紹介プレイ日記 序章

投稿日:2016年11月13日 更新日:

序章_画像_10

序章

序章_画像_3
寒く荒々しい北の海での陰鬱な航海を過ごした船を迎えたのは、目を疑うようなソリチュードの街並みであった。

書物で知ってはいたがやはり実際目にすると驚きを禁じ得ない。
今にも崩れそうな崖の突端にスカイリムの首都を築こうと考えた建築家はきっとハチミツ酒を飲みすぎていたのだろう。

序章_画像_2
序章_画像_4
序章_画像_5
ソリチュードの港や、旅人を迎える城壁など見るべきところは多く好奇心をくすぐられる。

しかし、スカイリムにやっと辿り着いたばかりだ。
まずはクライアントと話をして活動の足場を固めるのが先決だ。

そう考えをまとめると物珍しさに後ろ髪を引かれつつも足早に都の中へと急いだ。
序章_画像_6
実は初日のソリチュードの街並みはあまり記憶にない。
城門を潜った先で繰り広げられていたイベントのインパクトが強かったせいだろう。

そこでは今まさに刑が執行されようとしていた。
なんでもスカイリムの上級王を討った人物を逃がした衛兵の斬首刑だという。

スカイリムを束ねる王が討たれたのだ。
その犯人を逃した衛兵の首を刎ねれば済むという話ではない。

元衛兵の死刑囚は上級王殺害がスカイリムの慣習に則った正当な決闘の結果であると叫んが、その叫びは聴衆の非難の声にかき消された。
そして彼は刑場の露と消えた。

広場での死刑というのは珍しくはない。
どこの土地でも行われるもの、一種の見世物だ。

だから気になったのは刑自体ではなく、上級王殺害の方だ。
スカイリム地方の政情が不安定気味という話はなんとなくは聞いていたのだがこれほどとは思っていなかった。

どこの歴史を紐解いても統治者の死と言うのは後継者争いや、反乱のきっかけになりがちだ。
もともと政情が不安定であったスカイリム地方が一気に混沌とした状況になってもおかしくはない。

帝都からの船旅でほとんど情報を仕入れる機会がなかったから、現在のスカイリムの動静を調べた方がいいだろう。

序章_画像_7
広場での事件のことを考えながらソリチュードの奥へ奥へと、受け取っていた地図をもとに進んでいくといつの間にか目的地に到着していた。

ソリチュードが大きな都であることは間違いないが、やはり帝都と比べると格段にその大きさに見劣りがあるようだ。

しかし、目的地は帝都でもそうは目にすることのない非常に立派な建築物だった。
序章_画像_8
その名も『ドラゴンボーン博物館』。
これから世話になる職場だ。

序章_画像_9
博物館の中へ入ると丁度そこには博物館の館長『オーイン・モアレス博士』がいた。

初対面の挨拶と長旅のねぎらいの後に早速、仕事の話となった。
仕事というのは歴史の節目に現れたとされる『ドラゴンボーン』の伝説を追うこと。

序章_画像_10
現在の博物館は博物館とは名ばかりで、展示する物が何一つない。
そこで出番ということになる。

要するにスカイリムにはドラゴンボーン由来の土地が多いから、そこを探って『ドラゴンボーンの遺物』を発見、博物館に展示しようということだ。
博士は文献などから情報を探し、こちらは実地で遺物を探す。

そういう役割分担だ。
最初の情報は、ヘルゲンの商人ボルゴスが売りに出した貴重な品物の取引。

お使いのような話だが、スカイリムに上陸したばかりの身としてはそれくらいが丁度いいのかもしれない。
他にもいくつかの情報が書かれたメモを受け取り、宛がわれた住居へ赴くことにした。

序章_画像_11
序章_画像_13
与えられた住居に入ってみて、あの博士はやはり変わり者だなと確信した。
広々とした部屋に、高価な調度品、天蓋付きのベッドとその辺の貴族よりも立派な住居である。

一応研究対象が同じで我々は仕事のパートナーとなるわけだが、これほどの住居を他人に与えられるというのは度量が大きいというかなんというか、とにかく変わり者と言って間違いはないだろう。
序章_画像_14
序章_画像_12
キッチンも立派なものだし、錬金術や鍛冶などの設備も完備している。
至れり尽くせりだ。

とりあえず今日は船旅の疲れもあるし、天蓋付きのベッドでゆっくり休むとしよう。

あとがき

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

拙筆ながらいきなり始めたスカイリムプレイ日記…と見せかけて、mod紹介です。

武器防具と違って画像で紹介しにくい、modを日記風に紹介しようかと思います。
実際書いてみると文章ってのは難しいのでどれだけ続くかわかりませんけどね。

今回のmod

1.Legacy of the Dragonborn (Dragonborn Gallery)
作者:icecreamassassin 氏
概要:『ドラゴンボーンの遺物』を集める『ドラゴンボーン博物館』を主軸においたmod。文中に出てきた博士なんかもこのmodのNPC。
この日記の主軸となるmodの一つ。

2.Requiem – The Roleplaying Overhau
作者:The Requiem Dungeon Masters 氏
概要:スカイリムをロアフレンドリーでより危険でより難しくをモットーとするオーバーホールmod。今回の日記ではそれらしさは全く出ていないのですが、主軸modなので紹介。

3.Alternate Start – Live Another Life
作者:Arthmoor 氏
概要:いつもの囚人スタート以外からニューゲームができるmod。今回の日記はソリチュードに辿り着いた旅人という選択で始まっています。

4.Holds The City Overhaul
作者:Galandil 氏
概要:スカイリム各都市のオーバーホールmod。今回はあまり画像がありませんが、ソリチュードの入口付近の画像がそれに当たります。

ダウンロード

1.Legacy of the Dragonborn (Dragonborn Gallery)
Nexus

2.Requiem – The Roleplaying Overhau
Nexus

3.Alternate Start – Live Another Life
Nexus

4.Holds The City Overhaul
Nexus

※ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

-SKYRIM MOD
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

th_3画像_1

スカイリムmodおすすめ紹介プレイ日記 第3話

第3話 質より量 同胞団の新人トリスを伴って向かったブリークフォール墓地へのアタックは一言で言ってしまうと「失敗」だった。 墓地に篭る盗賊たちに、不快な毒蜘蛛、墓地を徘徊するドラウグル。 命を落とさず …

th_1画像_1

スカイリムmodおすすめ紹介プレイ日記 第1話

第1話 立ち上る煙 翌朝は寝坊してしまった。 天蓋付きのベッドはそれだけでも快適であったし、何しろ地面が揺れないベッドで寝るのは随分久しぶりだ。 遺物探しは取り立てて急ぐ仕事ではない。 これくらいの寝 …

th_2画像_0

スカイリムmodおすすめ紹介プレイ日記 第2話

第2話 金貨と金槌 「ホワイトランのバルグルーフ首長に兵士を派遣するよう伝えて欲しい」 甥のハドバルから事情を聞いた鍛冶屋アルボアが出した結論は前述のようなものだった。 リバーウッドは城壁も駐留する兵 …

カテゴリー

広告