アフィリエイト 一言用語集

インターネットビジネス用語 リファラ

投稿日:2016年4月21日 更新日:


スポンサーリンク

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

スポンサーリンク

リファラ(referer)とは

リファラー、リファーラ

あるウェブページAからリンクを伝って別のウェブページBへ移動した際の移動元のウェブページのこと。

上記例で言えば、ウェブページAがウェブページBにとってのリファラとなる。

詳細

ウェブページにアクセスしてくるユーザーの動向を知るために必要になる情報。
SEO対策に必須である情報のひとつ。

リファラからは、自分のウェブページにアクセスする際にユーザーが使用した検索サイトや検索時にユーザーが入力したキーワードを知ることができる。
また、リファラを辿ることで自分のウェブページに対してリンクを貼っている他所のウェブページを知ることもできる。

リファラがどういったウェブページであるかを知ることで自分のウェブページにアクセスしてくるユーザーの趣向の把握が可能である。
その把握した内容をもとに関連した記事を作成、補強することで、次の集客に繋がる可能性が大きくなる。

各種ブログサービスにはリファラが見られるアクセス解析が付属している。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

-アフィリエイト, 一言用語集

執筆者:


コメントを残す

関連記事

インターネットビジネス用語 ノーリファラ

スポンサーリンク こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

カテゴリー

広告