政治・経済・外交

自民党総裁任期延長の議論、異議がないのが国民で異議があるのは自民議員の石破、小泉

投稿日:


こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

スポンサーリンク

自民党総裁任期延長の議論

自民党内で現在2期6年である自民党総裁総裁の任期を3期9年に改正しようという動きがあります。

これは2016年8月現在2期目を勤める安倍晋三総裁の任期延長を視野に入れた動きと見られています。

安倍内閣の支持率は50%以上をキープしている状態なのでこういった議論が起こってくるのは当然の流れ。

今回はこの議論について紹介します。

自民党総裁の任期について

自民党総裁の任期は上にも書いたように2期6年です。
これがどういった理由で2期6年かというと、以下の理由であると言われています。

・建前ー長期政権による個人への権力集中を避ける思わくがあった。
・本音ーかつては首相候補者が多く短い任期で、首相を回す必要があった。

長期政権による個人への権力集中を避ける思わくがあった

長期政権になるとトップにいる人物に権力が集中して、最初は名君名宰相で後年は老害独裁者なんてのは歴史上よくある話です。

自民党もそういった弊害を抑えるために、総裁任期を短く設定したとされています。
しかし、自民党総裁=内閣総理大臣という奴はアメリカなんかを元とする他国の政治指導者と比べて持っている権力はかなり小さいので短期も長期もさほど影響はありません。

この期間設定はあくまで建前で本音は次の話になるかと思います。

かつては首相候補者が多く短い任期で、首相を回す必要があった

昔は善きにつけ悪しきにつけ、豪腕だの何だのと言われた国会議員が少なからず存在していました。

そういった党内での権力や発言力であったり派閥の力関係を壊さないために、総裁=総理大臣の役職を回り持ちする必要があったと言われています。

長期任期では次を待っている大物議員が役職に就けなくなるために任期を短期間で終わらせるようにした、ということですね。

国民目線とは言えない党内のパワーバランスが働いていたということです。
まあ、その辺は今も昔も大差は無いですね。

自民党総裁任期延長議論の妥当性

この議論が妥当かどうかということてすが、妥当ですね。
妥当と考える理由は何かというと、安倍晋三に代わる自民党総裁=内閣総理大臣が現在の国会議員に見いだすこが困難だからです。

行動力と意志の強さが現在の安倍さんにはあると思います。
それと同等以上のものをもつのがどれほどいるかと国会議員を見渡しても、ほぼ皆無。

安倍さんが完璧な内閣総理大臣かというと、いろいろクソな政策もあるので諸手を挙げて評価することはできません。
しかし、現状他に適任者がいない。

選挙の時も書きましたが、台所の三角コーナーで唯一口にできる残飯が安倍さんだったということです。
他は文字どおり残飯です。

それでも敢えて他を選ぶなら

任期を伸ばしてもいずれは次を選ばなければ行けません。
難しいですねぇ。

有力者を挙げてみましょうか。
・麻生太郎
・谷垣禎一
・菅義偉
・岸田文雄
・石破茂
・二階俊博
・稲田朋美
・小池百合子
・小泉進次郎

私が思い浮かぶのはこのくらい。

それぞれの個人的な人物評。

麻生太郎(あそう たろう)

言わずと知れた、元内閣総理大臣、現自民党副総裁、財務大臣などなど。
麻生さんが若ければもう決定ですが流石に75歳とご高齢。
選には入らないですね。

谷垣禎一(たにがき さだかず)

元自民党総裁、法務大臣などなど。
自民党が野党に下った際に自民党を維持しまとめあげた功労者。

谷垣さんは、次の総裁選挙までに回復すればワンチャンあるかも。
と思っていましたが71歳と麻生さんとあまり年齢差がないので難しい。

菅義偉(すが よしひで)

泣く子も黙る内閣官房長官。
官房長官が天職なんじゃなかろうか、この地位で光る人材であって、総裁職では良さを失ってしまいそうというイメージ。

岸田文雄(きしだ ふみお)

外務大臣。
慰安婦問題とか軍艦島問題とか、負け外務大臣という印象しかない。
尖閣、沖ノ鳥島でも成果を上げていない。

年齢、ポジション的に有力候補だが総裁をやって欲しくない。

石破茂(いしば しげる)

元防衛大臣、農林水産大臣などなど。
評価が人によって分かれる人物。

ミリオタ界隈で人気があるようだが、防衛庁長官時代のF-2の生産中止や自民党が野党に転落すると離党するなど個人的には印象が良くない。
見方を後ろから撃つのが得意なんて評も良く聞く話。
胡散臭い人物。

総裁選などではしばしば名が上がり本人にも色気ありありな空気がある。
今回の総裁任期延長議論に対して反発しているところからも、今もって総裁職に野心を持っている証拠と言える。

個人的にはこの人が自民総裁、内閣総理大臣なんて御免です。

二階俊博(にかい としひろ)

自民党幹事長、運輸大臣などを歴任。
所属政党をいくつも変えてきた人物。
媚中派として名高い。

年齢(77歳)的にも経歴、媚中派など総裁としての資格を欠いている。
安倍政権で積み上げた実績をすべて消したい場合はこの人を総裁にすると良いだろう。

稲田朋美(いなだ ともみ)

防衛大臣。
何かと話題になる人物。
女性総理大臣の最有力候補。

韓国への入国拒否とか、保守発言くらいしかイメージがない。
防衛大臣としての手腕、実績を見てみたい。

小池百合子(こいけ ゆりこ)

東京都知事、元防衛大臣など。
政界を強かに生きる女藤堂高虎(勝手に命名)。

大臣時代には目立った功績はない。
都知事としての手腕、実績に注目したい。

小泉進次郎(こいずみ しんじろう)

小泉純一郎の息子。
今後を期待される若手とされる。

登場当初は私も世間同様期待していたが、最近の行動からは胡散臭い人物という印象。

韓国の肥料を農協に輸入させたり、消費税増税延期を民意に添わない等と発言したりと的外れであったり、誰目線なのかおかしな発言をしている。

少なくとも普通の国民目線じゃない。

ついでに今回の総裁任期延長の議論にも反発している。
今議論しないでいつやるというのかいまでしょ。

年齢的にはまだまだ若いので総裁候補になるのは随分先と思われる。

最近の言動も若気の至りであれば将来有望と言える。
しかし、行動方針がこのまま続くのであれば、父親同様日本の害になるだろう。

まとめ

やっぱり現状において安倍さんの後任の適任者がいない。

現実的に考えると岸田、石破、稲田の対決になりそう。うへぇ。

そうだ、菅さんがいた。
適材適所な感じはしないが菅さんにお願いするのが現在の最善手じゃなかろうか。

という感じで総裁任期延長は必須であることがよくわかります。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

-政治・経済・外交
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 静岡県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 山形県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

2016年7月 東京都知事選挙 立候補者紹介

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

東京都知事選挙 知事に相応しいのは誰か? 主張・政策・経歴を比較する  「都有地の朝鮮人学校貸与問題」

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

第24回参議院議員通常選挙 候補者紹介 愛知県

こんばんは。今日も楽しく飲んでますか?常連客のおっさんです。

カテゴリー

広告